03-6721-5967(受付 10:00-18:30)

3,4ヶ月の仮住まいで公共賃貸を活用されてはいかがでしょうか?

3,4ヶ月の仮住まいで公共賃貸を活用されてはいかがでしょうか?

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城などを主体に、UR賃貸住宅(公団)の仮申込(予約)代行サービスを行うURコンシェルジュの、スタッフブログは最新情報やマル得情報などがいっぱい!

2011-11-14

お家の建て替えやリフォームでは、家の家財道具を一時的に保管しつつ、生活をする場所を確保するのが大切ですね。でも、一般の賃貸住宅の場合は、2年契約など一定期間お部屋を借りることを前提に契約をしますので、礼金や敷金、また仲介手数料や保険料などさまざまな付帯的な出費が重み、3~4ヶ月の短期間で考えると大変経済的に無駄な結果となりますね。

先日、私共にご連絡をいただきました、M様は、小田急線の経堂駅で立替を行われる期間約6ヶ月間、公共賃貸を活用され喜んでいただきました。物件は、建て替えの現地から徒歩10分ほどにある、経堂赤堤通りの3LDKでした。かかった、経費は、3ヶ月の敷金のみで、退去時にほぼ全額(といいましても6ヶ月間のみの滞在です)返金され、18万円のお家賃×滞在月数のみで仮住まいできました。

家具をレンタルスペースに預けて、ワンルームを借りられることや、マンスリーマンションに住むことなど、もご検討されましたが、公共賃貸で大満足をいただきました。皆様もお近くの物件をサーチされてみてはいかがでしょうか?

公共賃貸では、礼金・仲介手数料・更新料・保証人が不要なため、短期の賃貸にもメリットがあります。

» 公共賃貸・マンスリーマンション・一般の賃貸不動産の費用比較はこちら

お問い合わせ先
仮住まい専用フリーダイヤル
0120-544-201 ※10:00~18:00(水・日・祝日を除く)
詳しくは、弊社スタッフまでお気軽にお問合せください。一同お待ちしております。

UR賃貸住宅(公団)取扱店
ページの先頭へ戻る